✏ / 活動報告 /

関東ブロッククラブネットワークアクション2016開催報告

~スポーツと地域の未来を共に考え学び合う2日間・合い言葉は『やっちゃえ埼玉』~

実施日程 平成28年9月10日(土)~11日(日)
実施場所 浦和コミュ二ティセンター 
主  催 公益財団法人日本体育協会 総合型地域スポーツクラブ全国協議会(SC全国ネットワーク)
後  援 スポーツ庁 埼玉県 さいたま市 公益財団法人埼玉県体育協会
主  管 一般社団法人彩の国SCネットワーク   
参加者数 関係者、一般含め250名(アフターミーティングファンクション108名)



-プログラム-
【オープニング】 
キッズエアロビクス(NPO法人スポーツ・サンクチュアリ・川口)
塩川 修副知事ごあいさつ

【基調講演】 
Jリーグ村井 満チェアマンによる「Jリーグ100年構想と総合型地域スポーツクラブ」

【8つのセレクトセミナー】
①ネクストシニア向けプログラム体験 (NPO法人リ・ボーンはすだ 高瀬氏)
②ITを活用した広報術 (きゅぽらスポーツコミュニティ 石井氏)
③スポーツ鬼ごっこ事業の展開法 (アスとれ総合型クラブ 花輪氏)
④行政のくどき方 (NPO法人鴻巣ブレス総合型スポーツクラブ 海老名氏)
⑤異業種との連携~大学との協働手法~(NPO法人武蔵丘スポーツクラブ 太田氏)
⑥介護予納事業の展開事例とベクトルウォーキング
(NPO法人スポーツ・サンクチュアリ・川口 相澤氏)
⑦資金調達法(NPO法人SCORE総合型地域スポーツクラブ S PROJECT F.C 渡邊氏)
⑧人を動かす!勇気づけコーチング(北越氏)

【全国共通テーマ】 
公益財団法人日本障がい者スポーツ協会情報提供・NPO法人クラブしっきーず事例発表

【アフターミーティングファンクション】
NPO法人リリー・アスレチック・クラブ プロデュース
埼玉の「ピンクスタッフ」が、口をそろえて楽しかった!と言い、関東他都県参加者からは「近年最高の盛り上がり、彩の国のチームワークをみた!!」と高い評価を得て、充実したイベントとなりました。

関東都県のイベントですが、目標はあくまでも「埼玉県のクラブや関係者にとってメリットとなること」でした。
●イベントの企画、準備、運営を通じて「彩の国SCネットワーク」の組織力を高めること
●クラブメンバーが当日スタッフとして関わることで、スタッフ自身のスキルアップにつながること
●様々な場面で人と人との交流が促進すること
●セミナーで、新たな情報、スキル、考え方などを身につけること
など「ネットワーク」を活用して具体化しました。また、一過性のイベントに終わらせず、更に「ネットワークを広げる」ことが大事です。多くのご協力をいただいた、埼玉県、さいたま市の関係者のみなさまに厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。