SPECIAL
特集

#02 リリー・アスレチック・クラブ (川口市)


埼玉県内で活動するスポーツクラブをご紹介するこのコーナー。
第2回は、埼玉県川口市で活動する「NPO法人 リリー・アスレチック・クラブ」をご紹介します。
クラブ代表の市村さんにお話をうかがいました。


市村 孝志(いちむら たかし)氏

NPO法人 リリー・アスレチック・クラブ クラブ・マネージャー
「2019年5月時点で62歳の男子です!高校時代にラグビーを始めて、ラグビーからいろいろなことを学びました。痛みを伴うスポーツですが、それゆえ味方を支え、相手に尊敬の念を持つ素晴らしい競技です。子供を育てるスポーツとして地域に根差したいと思い、仲間と協力してクラブを運営しています」

ー まずクラブ名について聞かせてください。「リリー」というポップな響きの言葉と「アスレチック」という言葉の組み合わせが印象的だと思うのですが、由来や込められた意味などがあれば教えてください。

(市村)ストレートに「スポーツ」ではなく「アスレチック」と名付けたのは、日本最古のクラブである「横浜カントリー&アスレチッククラブ=YCAC」の名前を意識したからです。
高校時代からラグビーをやっていて、ラグビーのチームを作ろうと思ったことが(クラブ設立の)きっかけなのですが、せっかく作るなら、自分たちがただ楽しむだけでなく、地域に貢献できる「クラブ」にしたい、という思いがありました。
そこで頭に浮かんだのがYCACで、川口市の花である「ユリ(=リリー)」と組み合わせて「リリー・アスレチック・クラブ」と名付けました。

ー なるほど。リリーは川口の市の花だったのですね。鋳物の街として有名な川口市ですが、市村さんは川口をどのような視点で眺めていますか?

(市村)すぐ隣が都内で利便性が高く、都内や他県からの移り住む人も増えています。
一方で1人世帯が圧倒的に多く、高齢者や外国人の1人世帯が集中している地域もあり、コミュニティのつながりが希薄になりがちな街だと思います。
昔からの伝統的な祭りや行事もあまりありませんし、自宅と勤め先との往復だけで、ここできちんと暮らす、というのではなく「ただ川口に居るだけ」という感覚の人も少なくないような気がします。これはすごく寂しい。
コミュニティづくりのアプローチの方法は色々あると思いますが、私たちは、もともとのきっかけだったラグビーを通じて、現状を変えられるよう頑張っています。

ー 今年(2019年)は、ラグビーワールドカップが日本で開催されます。あらため、ラグビーのもつ魅力について聞かせてください。

(市村)ラグビーには色々な可能性が秘められていると考えていますが、最も優れた魅力だと思うのは、「人に優しい情熱的な人間を育てる」という点だと思います。
ラグビーは体をぶつけ合うハードなスポーツですから、人を情熱的にします。
そして、体をぶつけあうからこそ、「ルールを守る」という原則が、「大切にされている」という言葉では足りないくらい、非常に大切にされています。
ラグビーの持つフェアプレー精神は、チームメイトだけでなく、闘った相手を尊敬する気持ちを生むことができます。これが人への優しさにつながります。
でも、何より一番は、これほど楽しいスポーツは他にありません(笑)。

ー (笑)

(市村)日本のスポーツの世界は非常にレベルが高く、いわばスポーツ先進国です。
けれど、スポーツを「楽しむ」ということについては、後進国だと思っています。

ー なるほど

(市村)指導者が「勝ち」にこだわった結果、色々なものを犠牲にして「楽しむ」ことを見失ってしまったという、苦い経験もしています。
勝ち負けがどうでもいい、という話ではありません。
負けるよりは、勝つほうが良い。
そのために練習に取り組み、トップチームは直近の県大会で、2年連続で決勝に進んでいます。
けれど、勝ちだけを目的にして楽しめなくなってはおしまい、私たちの活動はなんの意味もなくなってしまいます。
まずは楽しむこと!
トップチームからシニアチームへ、お母さんはタッチラグビー、など、老若男女問わずラグビーを楽しんで貰える環境を整えられてきたことは、とても嬉しいですし、誇りに思います。

ー 最後に、今後の目標をお聞かせください。

(市村)少し堅苦しくなりますが、ラグビーの競技規則の初めに書かれているラグビー憲章、〈品位〉〈情熱〉〈結束〉〈規律〉〈尊重〉の精神を、地域の皆さんに広げてゆく活動を続けたいです。

ー 堅くないバージョンもお願いします!

(市村)(笑)ラグビーを中心にしたコミュニティづくりを、とにかく続けていくこと、です。ラグビーを心の底から楽しんで、仲間をつくり、ここがみんなの「ふるさと」になれたら良いなと思っています!

NPO法人 リリー・アスレチック・クラブ
事務局:〒333-0848 埼玉県川口市芝下1-2-12

【設立】2007年
【会員数】342名
【スタッフ数】理事:17名
【男女比率】男性83%:女性17%
【主な教室】ラグビースクール、ラグビーチーム、タッチラグビーチーム等ラグビーを中心に、卓球サークル、ランニング教室、シニアの体操教室など
【WEB】〈ラグビースクール〉rugby.lily-athletic-club.com/
〈クラブHP〉lily-athletic-club.com/